自分が今年のハロプロ楽曲大賞に投票した曲 

さて、本題に入る前に、風呂場で鼻歌で歌ってしまう曲ベスト3を。ちなみに、全部非ハロプロ曲です。

第1位:「空手道おとこ道」、第2位:「空手バカ一代」。大山倍達がでっち上げた極真史観も大概ひどい(創業者には必要な才能かもしれんが、力道山しかり大山然り、朝鮮人って本質的には信用出来ないなって教えてくれる。)が、それに上塗りして、梶原一騎のフィクションが入ってるからな。「プロレススーパースター列伝」とか「四角いジャングル」とかと一緒。だから、9割減くらいで見ないといけない物語だが、OP、EDはいい曲。
3位:「アニメじゃない」。ZZガンダムは駄作だと思う(富野お得意の全滅とか鬱展開しなかっただけいいのか)けど、このOPは歌ってしまう。が、作詞があの忌まわしい秋豚なんだよな。シャア出す予定だったのでOPには出てくるのに、「逆襲のシャア」作るから出さなかったんだよな。

ノソ*^ o゚)>で、肝心のハロプロ楽曲大賞に投票した曲を教えてよ。明日結果発表らしいよ。今年はやっぱ、道重さん卒業、ベリがラストシングル、来春活動停止、スマイレージ改名、メンバー増員とか色々あったからね。

俺はやはりベリの活動停止が大きすぎて。2008年からベリは見続けてきてるんだから。そのことが順位にかなり反映されている。また、つんくがガンに倒れたことにより(もう仮歌は歌えず、Bitter&Sweetの長谷川さんが仮歌歌ってるらしい)、一番煽り食ったのがJuice=Juiceで今年後半は今までのストックから出したとしか思えないようなクオリティのシングル曲だった。だから、スマ改名したタイミングでの非つんくプロデュースへってのは理解できる流れ。

第1位:「普通アイドル10年やってられないでしょ」:Berryz工房:アイドルとは特殊であるべきなんだよ。ガラパゴスと言われようとも。あの忌まわしい○○○48が安っぽい風俗のようなものに変化させてしまった。接触がどうのとか全力!とか勘弁してほしい価値観だよな。ライブが、イベントが楽しい。それでいいんだよ。この曲はそんな最後に残ったハロプロ黄金期アイドル、Berryz工房への賛歌だよ。
第2位:「エイティーンエモーション」:スマイレージ:ハロプロのアイドル曲はこうであるべき。少なくても若いグループにはしっとりした曲、大人っぽい曲もいいけど、メインはこの曲のような路線で行くべき。「クールハロー」クソ食らえだ。フリコピもし易いしな。
第3位:「永久の歌」:Berryz工房:大阪のベリコンで聞いた時、泣きそうになりました。6年間見続けて来たからな。いるのが普通だったものが無くなる、推しが強い状態で卒業等を経験するのが初めてだわ。来年のラストは有明になっちゃうけど、終わった後どうなるか・・・。
第4位:「ロマンスを語って」:Berryz工房:こんなゴリゴリのアイドルソング歌えるんやん。しかし、こういうMV見ると、やっぱキッズは物が違うな。数万人の15人だもん。今の娘。オーデとは桁が1つ違うから。研修生なんてそれ以下の倍率でしょ。
第5位:「初めてを経験中」:Juice=Juice:これはもう好み。振りも可愛いし、こういうアイドルソングが佳林ちゃん(宮本佳林)には向いてるかと。それだけの理由。

こう見ると、娘。14は興味なくしてるので一曲も入らず。この辺りは個人差出るので。「Tuki Bun」とか「時を越え宇宙を超え」あたりは、俺がハロプロに求めてるものと違うので。こういうところからも、娘。現場が嗜好に合わなくなったのが分かる。そりゃ、「クールハロー」の総本山だもんな。で、℃-uteも今年は正直曲が恵まれなかったかな?「The Power」(℃-ute)「ええか」(スマイレージ)「イジワルしないで抱きしめてよ」(Juice=Juice)あたりが次点。

ノソ*^ o゚)>来年は℃-ute曲ランクインさせてね。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://00004341.blog118.fc2.com/tb.php/972-7a185dc4