スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマイレージの滋賀公演の際に行った日吉大社、滋賀院門跡の写真。天海は明智光秀か? 

IMAG3624_convert_20140510234427.jpg

滋賀のスマイレージのコンサートに先月に行って来ましたが、その前に大津の坂本に行ってきました。スマイレージのコンサートは本当に全公演楽しくて(全くメンバーが見えなかった神戸はさすがに・・・だったけど)、滋賀も楽しかったけど、別記事でまた。
しかし、桜の季節で、今年唯一花見っぽい事できたのがここ。町並みが綺麗で、里坊という現役リタイアしたえらいお坊さんが延暦寺から坂本に降りてきて、住んでるお寺がたくさん。で、穴太衆という石積みの専門集団が戦国時代や江戸時代に大津にいたのだが、彼らが作ったきれいな石積みが坂本には残っている。

ノソ*^ o゚)>で、坂本には俺さんは前から行きたかったんだよね?

徳川家康から家光までのブレーン、南光坊天海は明智光秀か?って話し。坂本はそもそも明智光秀の城下町だったところ。徳川家康はもしかすると本能寺の変の共犯者か、関係無かったとしても、「武田の次滅ぼされるのうちだったかもな。死んでくれてせいせいしたわ」って感謝だったかも。実際に、武田滅亡させて、関東の北条は織田と同盟結んでたから、間の徳川は同盟結んでたといはいえ、微妙な立場だったのは間違いない。難癖つけて、長男の信康殺されてるしな。
神君伊賀越は怪しいんだよな。手際良すぎるし、ライバルの穴山信君も謀殺することに成功してるし。本能寺の変の後に、武田一族につながる穴山を家康が生かしておいていいことないもんな。取り敢えず、信長が死んでくれたらよかったのだろう。家康は甲斐(山梨)、信濃(長野)、駿河(静岡東部)は取りたかったから、甲斐の河尻を一揆扇動して滅ぼして、穴山は謀殺してると。光秀に畿内はあげるからって感じじゃないか。で、羽柴、柴田あたりは各個撃破できるだろうと踏んでてもおかしくない。誤算は、秀吉が信長の不倶戴天の毛利と講和して、すぐに戻ってきたこととと、中川、高山、細川、筒井あたりが全部光秀に味方しなかったことだな。

ノソ*^ o゚)>日光の明智平の話しもあるよね。日光といえば家康さんの東照宮があるね。かごめかごめの歌は、天海が隠した徳川がいざとなった時の戦いで使う軍資金の場所の歌なんでしょ?で、坂本にも天海の痕跡は残ってるんだ?

IMAG3635_convert_20140510234614.jpg

IMAG3658_convert_20140510234914.jpg

で、その坂本にある日吉大社です。境内の入場料取る神社って初めて見たが(春日大社でも拝殿入るときのみ)、国宝、重文のオンパレードなので仕方ないか?で、東京の赤坂にある日枝神社ですよ。山王祭でお馴染みの。神田明神や浅草寺は江戸の神様(平将門)だったりするんだが、なぜ日吉大社の江戸出張所の日枝神社が江戸三大祭開けるくらい格高いのか?で、比叡山延暦寺の江戸出張所もちゃんとあるねんな。上野の東叡山寛永寺だ。ちゃんと不忍池っていうミニ琵琶湖もあるし、不忍池にはミニ竹生島もあるんやよな。あのロビンマスク対アトランティス、キン肉マン対アトランティスやった不忍池だ。で、寛永寺の初代住職は天海。

ノソ*^ o゚)>日光東照宮のミニチュア版が坂本にあるらしいね。

IMAG3700_convert_20140510235846.jpg

IMAG3717_convert_20140511000138.jpg

こんな高台にあり琵琶湖が見えるのだが、日光東照宮作るときのひな形の東照宮が残っている。お金払えば中も見れたのだが、神様いるので、写真は外からのみ。(自分はお金払って入ったよ。)日光東照宮のような彩色の神殿だった。家康を祀る神社のミニチュア版、たたき台を坂本にねー。

IMAG3722_convert_20140511010046.jpg

IMAG3736_convert_20140511010226.jpg

で、そこから京阪の坂本駅の方に向かうと慈眼堂がある。天海を祀ってるお寺だ。天海は通説では会津の大名だった(伊達政宗に追い出された)芦名氏出身という話しだけど、こういう建物が会津若松にもないとおかしいだろうと。しかも、関ヶ原で西軍についたために改易されて秋田の角館に飛ばされた芦名と天海のつながりなんか聞いたことないし。
この慈眼堂の隣が滋賀院門跡で「門跡寺院で5本線が塀にあるから御所と同じくらいの格ですよ」と入場したら僧侶からの説明があった。あ、門跡寺院ってのは、昔の皇族は次男坊、三男坊は跡継ぎでもないし、分家するにも皇族多すぎで、口減らしのため、僧侶にしてしまうんだな。じゃあ、子孫出来ないから。で、そういう皇族が住職やるのが門跡寺院。京都の聖護院、青蓮院とかな。寛永寺も途中から門跡寺院だな。その滋賀院門跡に伝わる天海の鎧。いつの時に着てたんだろ。不倶戴天の敵、もしかしたら知ってて泳がされた(そういや、中国大返しも手際良すぎだよな)憎き豊臣滅ぼした大阪の陣の時に着てたのかな?

ノソ*^ o゚)>ちなみに注意だけど、全部俺さんの妄想だからね。大体、明智光秀が天海なら110歳超えるんでしょ?ありえないよ。

だから、光秀の一族だと思っている。光秀は小栗栖で竹槍に刺され討ち死にしたかもだけど、明智一族の秀満あたりが生き残ったのかもね。坂本はまだまだ行けてないところ多いから、また行きたいわ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://00004341.blog118.fc2.com/tb.php/850-4551a930

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。