大阪でハロコンに2公演参戦してきました。名古屋も含め各グループの感想を(℃-ute、娘。、ベリ) 

名古屋、大阪のハロコンの感想の続きを。そういや、個別握手二次募集全滅でした。久々に個別なんて買ったので、仕組み変わって当たらなくなったんだな。久々になっきぃ(中島早貴)とゆっくり喋りたかったのに。毎回行こうとは思わないけどね。あくまでライブ有りきなので。

℃-ute:グループ内MVPは岡井千聖(大阪、名古屋で見た公演限定です。千聖はユニットでもMCでもソロでも活躍してたよな)
DEHAの方が目立ってたね。「steady go」と「セカハピ」見れたのは良かった。「steady go」でなっきぃパートが残ってるのがうれしいね。GOISUでは「都会の一人暮らし」が良かった。新曲はLabiなんばでも聞いたけど、ピンと来ない。今回は後輩グループの気迫に食われちゃったか。ただ、ハロコンに来るteam℃-uteは増えた。娘。が圧倒的だけど、二番目は℃-uteだな。大体が「トレジャーボックス」のTシャツやteam℃-uteのシャツなので2012年「君チャリ」以降にハロコンを敬遠しないファン層が急増した(女の子とか)のが分かる。色々、周りにteam℃-uteが多かったな。ま、単独での℃-uteは圧倒的だから。ハロコンでもシャッフルでは各メンバーが中核になってたので、パフォーマンスでは抜けてるんだよな。

Berryz工房:グループ内MVPは菅谷梨沙子(何とかのエロスとかいう曲は圧巻だった)
何でこんな春は短期ツアー(名阪合わせて3公演のみだ。地方は。)もったいないね。「rockエロティック」や「アジセレ」歌えるのはベリだけだね。ただ、ほとんどの新しい曲は初見に近いんだよな。関西でいかにベリ現場がないか。イベントあっても自分が行ってないかだな。ちなみに来週のあべのキューズモールも来月のなんばハッチシリアルイベも行きません。お金と体力が回らないんだよ。俺はもうベリには推しメンいないので、春ツアーは純然たるエンタメとして見に行く感じだ。ライブは本当に楽しくて、昔のハロプロってこうだったよな、楽しかったよなって感じなのだが、武道館せっかく埋めて、盛り上げたのに、後につながってない。ももちの知名度めちゃくちゃあるのに・・。

モーニング娘。:MVPは小田さくら(悲しきヘブンが圧巻。)
「愛されたい!愛されたい!」でのコールの盛り上がりがすべて。後、譜久村聖と佐藤優樹の「あーいーされたーい♪」のところの盛り上がりな。単独に来てる「one・two・three」以降の女の子や若い人のファンは分からないが、ハロコン来るような層には盛り上がり曲少ないな。だからこそ、昔見たくヲタがフリコピしてない、「オーオー」言ってない娘。は女の子には行きやすい現場になったのかもだけど。プラチナからの古参も大分減っただろうしね。ハロコンでは「わがまま気のまま愛のジョーク」と「HAPPY大作戦」しか評価できない。上からのカメラアングルとか求めてないんだよな。今の娘。の路線との自分の好みの乖離は埋められないレベルなので、この春のツアーは行かない。シリアルイベも大量投入しないと当たらないしね。しかし、メンバー殆ど変わってないのに、あんだけ楽しかった2012年の「カラフルキャラクター」や「ウルトラスマート」との違いは何なんだろうね?昔ながらのハロヲタから見ると、小田(パフォーマンス)、譜久村(昔の娘。の正統継承者?)にしか娘。の希望が持てない状況なのよ。あまりにも変容しすぎた。

ノソ*^ o゚)>それぞれのファンの人は怒らないでね。℃-ute>スマ>壁>Juice=Juice>壁>ベリ>壁>娘。って感じの人の一方的な私見なんでね。

正直、娘。、ベリには辛口だと思いますがそこはすいません。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://00004341.blog118.fc2.com/tb.php/817-2b58e841