あぶさん最終回だと・・。ドカベンドリームトーナメント編も最終回にしろよ 

あの「あぶさん」が最終回とか・・・ちゅうかまだやってたのか?景浦安武何歳だよ・・。いいかげんにしろ。南海ホークス時代からいたはずだが・・。水島新司ってマンガ家としてはとうに終わってるからな。それはしょうがない。「アラレちゃん」「ドラゴンボール」書いた鳥山明は抜け殻になっちゃたし、富樫義博なんか「ハンターハンター」全然書けてないやん。アニオタの連れの話しによると、ネトゲー廃人化してるらしいけど。「幽遊白書」「レベルE」「ハンターハンター」と書いてたら、気力もなえるわな。そう考えると、井上雄彦はすごい。「スラダン」→「リアル」→「バガボンド」。「スラダン」を山王工業戦でスパッと終わらせたのが良かったんだろう。水島も過去のマンガはすごいんだけど、ピークは「ドカベン」2年夏の弁慶高校戦だな。あれ以降、ドカベン世界だけでなく、後から出す作品も劣化しちゃった。でも、「一球さん」「球道くん」「男どアホウ甲子園」「ドカベン」「あぶさん」「野球狂の詩」。こんだけ書いたらすごいよ。
「水島世界」の第一次総決算「大甲子園」もおもしろいのも結局、「室戸」戦だけだし、「ドカベンプロ野球編」も犬飼小次郎が故障から復活したり、かってのセリーグに行ったライバルと山田がオールスターで対決するあたりまでは面白かったんだけど、そっからチャンピオン買っても、「プロ野球編」つまらないから、「バキ」とか「浦安鉄筋家族」、「鉄鍋のジャン」あたりしか読んでなかったな。ドカベンMLB編は色々な問題で書けないだろうから、「スーパースター編」行かずにスパッとやめなかったところが限界。

ノソ*^ o゚)>アニオタの連れの名言!「ハンターハンター」はグリードアイランド編までって。意味分からないね。止め時が大切ってことだね。

今は、「ドカベン」はドリームトーナメント編だ。「水島世界」の第二次総決算だな。岡本慶次郎(おはようKジロー)や新田小次郎(光の小次郎)、岩田鉄五郎(野球狂の詩)は新潟にいるし、「大甲子園」以降のドカベン世界には出てくる中西球道(球道くん)、真田一球(一球さん)なんかは京都にいるし。阪神タイガースのスタメンが原型留めてない。吉良高校の南海権左(ドカベン)とかエースは藤村甲子園(男どアホウ甲子園)とか・・。藤村甲子園は「大甲子園」で阪神園芸にいただろ?南海権左って、超能力っぽいので相手の試合棄権でベスト8までいっただけで、ずぶの素人じゃないの?やっぱ、野球の才能はめっちゃあったってオチか?ちなみに井上雄彦は「ドカベンは好きだけど、吉良高校はいらなかった」って言ってるな。確かにあれやると何でもありなんでね。ちなみに何でも有りの典型「男どアホウ甲子園」の覆面投手(ありえんだろう)も広島カープにいるらしいぞ。

ノソ*^ o゚)>でも、マンガ自体面白く無いから早く終わって欲しいって話しだよね?

決勝は多分、「あぶさん」のいるホークス対山田、岩鬼なんかがいる東京スーパースターズだな。水島の絶筆で未完が早いか、作品完成が早いか?そんなレベル。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://00004341.blog118.fc2.com/tb.php/795-c2adeb0f