あやちょの美術評論が凄いのと、真野ちゃんパトレイバー実写版の主役かよ。 

img065.jpg

スマイレージリーダーのあやちょ(和田彩花)の美術評論コラムがニュースサイトではじまったな。1回目はフェルメール「手紙を書く女」。いやー、ここまで深い見方できるんだねって素直に感動。本当に好きなのが伝わる。文化人が書くと上から目線ぽくなるのかもだけど、あやちょが書くと知らない人も美術館に行こう、今度、日本にフェルメールが来たら、見たいという気分になるだろう。自分も去年神戸の「マウリッツハイツ美術館展」で、フェルメールの代表作「真珠の耳飾りの少女」見て感動したのだが、それを見た感想をここまで深く書けるかというと。マネの黒色の使い方やルノワールの肌の色を「生スマ」かなんかであやちょが語っての見たことがあるけど、「クラークコレクション」でマネとルノワールの絵画を見て、「おー!あやちょの言ってたこと分かる」と感動した。個別握手とか興味ないけど、先週末の大阪での個別握手はあやちょと2回くらい握手したいなって思った。このコラムについてと、「我らジャンヌ」のあやちょの素晴らしい演技についてな。いやー、今は℃-uteのなっきぃ(中島早貴)とあやちょがぶっちぎりで2強だな。頼むからスマの単独コンやってくれよ。くそ事務所!ここまで書いてながら、先週日曜の難波の御堂筋ホールのスマイレージの無銭トークショーには寝坊して行けなかったというミス。単独ツアーor年末までに発売されるらしい新曲キャンペーン待ち。

ノソ*^ o゚)>で、真野ちゃんも凄いお仕事決まったね。数年前はうちか真野ちゃんが推しの1,2だったのに、時代変わったね。

真野ちゃんが実写版「パトレイバー」の主役決定かー。びっくりだわ。かなり大きな仕事。監督は押井守がやるって。作者は聞いてねーとか言ってるから、もめる気配ありそうなのが気がかりだけど。「シバ・シゲオ」で実写版でも千葉繁が出てくるってのが話題になってるな。千葉繁の怪演は見たいな。どんだけでかい仕事かって言えば、来年、2014年に短編で何回か映画放映して、再来年に本編を映画でやるという力の入れ方。でも、人気のあるアニメの実写版って、ファンの目も厳しいし、原作レイプかよとか言われがちだから怖いな。「キャシャーン」とか「ガッチャマン」とか。剛力が「ガッチャマン」で白鳥のジュンやっててボロクソに言われてるやん。「誰得やねん」って。確かに、ブサイクな剛力とかオスカーのゴリ推し得って感じやけど。真野ちゃんは成功して欲しい。青山円形劇場の「恋するハローキティ」から演技の仕事始まって、ここまで来たって凄いよ。

ノソ*^ o゚)>これは凄いね。じゃあ、最後に俺さんが真野ちゃんの曲で一番好きな曲で「MY DAYS FOR YOU

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://00004341.blog118.fc2.com/tb.php/756-a8b64da5