スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロ野球開幕だが、その前に東日本大震災より1ヶ月ですよ。 

まず、実家でWimaxを使ったら、ちょっと前まで自宅で使ってたADSLより快適で笑えるレベル。これだと光いらないね。いや、人によるんだろうけど、自分は動画再生、ブログ更新、ユースト視聴、アマゾンでの購入、ネットバンキング、ヤフオク、ハロメンのブログチェックくらいなので、ノンストレスだわ。ipadやipod tuochと同時購入だと5000円引きらしいのだが、wifiモデルのipadがない。ipad2じゃなくていいのだが。東日本大震災のせいらしい。

ノソ*^ o゜)>昨日で、東日本大震災から1ヶ月だったらしいよ。昨日も大きい余震あったし。長野あたりでも地震あるし。大変だよね。静岡以西に住むべきだなーって。でも、数十年したら、西日本だって東海、南海連動地震にあっちゃうよ。

昭和の東南海、南海は歴史上に見ても、小さい方のレベルだったらしいので、それを元にしたハザードマップはあてにしないほうがいい。で、周期からすると、東海から南海までの震源域は連動することが多々あるということらしい。で、今回のような東日本大震災の規模の地震が太平洋沿岸でも起きてたとの論文が出てるとのこと。それが、平安時代の仁和地震らしい。そういや、東北での平安時代の巨大地震の存在も、数年前に論文発表されてるらしいね。貞観地震というらしいが。蝦夷しかいない時代だ。陸奥の国府、多賀城からの報告書で「あー、津波を伴った地震があったんだな。」くらいだったのだが、地層調べると、1000年に1回の巨大津波だと分かったわけ。で、1000年後に起きたのが、今回の大震災というわけだ。
地震の研究は難しいよな。文献が江戸時代以前はがくっと少ない。もちろん、文字書けるのは、寺子屋出現以前だと、支配者層や上級僧侶に限られるわけで。京都や奈良中心の記述になっちゃう。鎌倉時代以降でも、+関東くらいだろう。平安時代中期以降は、国史すら編纂しなくなるし。国史作っても、吾妻鏡なんて北条氏マンセーで書いてるから、源頼朝の本当の死因すら分からないし。で、何度にも渡る戦乱でかなり文書が無くなってるだろうし。だから、日本の地震の文献からだけの研究は難しいんだろうな。いや、東電に研究者が「貞観地震級に備えないと。」という言ったんだけど、相手にしてもらえなかったらしい。で、想定外連発してる、御用学者(地震の方も原発の方も)や東電。2007年に発見された事実らしいので、間に合ったかどうかは微妙だが。

ノソ*^ o゜)>浜岡原発なんて危ないじゃん。今回の待避処置取られると、東西の物資の流通出来なくなるよーって。ま、それ以前に、東名高速や新幹線は使えなくなるけど。地震で。

ついに、福島原発事故はレベル7の事故になってしまった。初動で海水注入しなかったこと。廃炉するのが嫌だったとか、原発の危険性を明らかにしたくないとかで初動が遅くなったらしい。そもそも、停電時の非常用の仕組みがディーゼルかなんか回して自家発電するんだっけ?二系統あるのに、同じ仕組みが二つあっただけらしいし。一つを太陽光、風力あたりでまかなっとけば。ま、こういうクリーンエネルギーじゃ役人や利益誘導型の自民党系の代議士、御用学者、電力会社などが儲からないから、こういう仕組みにも導入しなかったんだろうな。日本病だよ。天下り、利益誘導、土木、マイノリティ、やくざなどの利益享受団体の存在。
で、震災直後に見られた、2ちゃんやツィッターでの書き込み。「親父が日本の発達させてきた原発が終わるからと言って志願して福島原発に行ってくる。」とか、いわゆるお涙頂戴伝がたくさん書き込まれてたが、あれも東京電力のネット工作かね?「恋人が行ってくるといってます。」とか。ああいうアカウントが今、どうなってるかは分からないが。「たいしたことがない。」って趣旨の書き込みもいっぱいあったな。前にここのブログにもコメントあったわ。そういや。ああいうのは、いわゆるネットに多い保守主義者、ネット右翼なんだろうか?支配者層に同調することでえらくなったと勘違いするのか?ああいうのが、「阪神大震災の辻本とピースボートが」みたいなデマはすぐに信じるんだろうな。

ノソ*^ o゜)>たたかれるよ。で、津波で何が出来たかって難しいよね。

仙台付近から、福島に関しては、しょうがないかも。あんな津波が来る町並みになってないし。意識もなかっただろうし。戦後でもチリ地震津波くらいでしょ?想定外だよな。住民にしては。大津波警報の高さなんか予想できないよ。発生直後は。だからTVや防災無線で「×メートルの津波が」みたいな話しは止めた方がいいな。あれで、安心して逃げなかったって話しもあったから。到達まで場所によっては30分以上あったはずだから。
三陸に関しては、昭和三陸地震なんかでも大丈夫なはずの防波堤が役に立たなかったらしいからな。そもそも、リアス式海岸で有史以来、津波で村がほとんど全滅なんてなのを繰り返してきたわけで。だから、巨大な税金使って建てたのだが、その手前でそんなことは言えなかったんだろう。でも、「これを超える津波はありえるから、とりあえず高台に逃げろ」と啓蒙すべきだった。「あのギネス級の防波堤や施設があるから大丈夫だろう」とタカくくってて亡くなった人もいるらしいから。でも、わざわざ海岸に向かって家族が、家が心配だからと内陸から戻っていった犠牲者もいるとかで。それがいたたまれない。消防団や警察でも亡くなった人多いし。こういう人にも家族あるわけで。どこで、避難するかとかのマニュアルも作らないと。いざ現地にいると、冷静に対処できる人間じゃ、自分はないだろうけど。パニクっちゃうよな。石巻の小学校なんて、校庭出たままで、避難さっさとしなかったから7割くらいなくなったんだろ。切ないよ。ま、この規模はまた数百年こないから忘れちゃうよな。

ノソ*^ o゜)>最後の映像凄いね。やばいよ。でも、三陸の皆さんの防災意識が他の場所に比べ高かった。仙台は他の大都会と違って、海岸沿いが発展してなくて、内陸思考の街作りだった。発生した時間が、一番火を使わなくて、家に人がいない平日の昼だったってのが、まだ救いらしいね。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://00004341.blog118.fc2.com/tb.php/387-4e0e40cc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。