スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AKBの野菜ジュースの写真紹介とプロレステーマ曲で最近聞いてる曲。 

カゴメ大島優子
会いたかった♪会いたかった♪YES♪」って感じで。カゴメの野菜ジュースのAKBの写真を集めることにしたから。一発目は大島優子だ。AKBに詳しくないんで、ウェンツとの熱愛と、シナリオ臭い逆転1位しか知らない。でも、この野菜ジュースで、AKBのメンバーに少しだけ、詳しくなってしまった。こんな奴いるのか!みたいな。店によって固まってるな。同じメンバーしか置いてない。ロット単位では、メンバー混ぜるということはしてないんだろう。
しかし、「会いたかった♪」って凄いよな。昔のラブマの「日本の未来はWOWWOWWOWWOW♪」とか恋レボの「超超超いい感じ♪」に匹敵する。いくら、ハロの方が遥かにパフォーマンススキルが高く、AKBは口パクでしかステージこなせず、(これは個人の感覚だけど)ハロの方がルックスレベル高くても、「会いたかった♪」っていう曲を提供できないんだな。ハロプロは。時代ということなんだろうか?

ノソ*^ o゚)>C-uteの中島早貴です。余計なお世話だよ。久しぶりにプロレスの話ししていい?って。あー・・。

やっぱ、プロレスのいいところは、相撲やボクシングと違って入場テーマがあることだよな。テーマ聞いて、「ああ」って分かる。演出からして「キングオブスポーツ」だからな。最近、YOUTUBEで入場テーマ聞いてるのよ。やっぱ、安生洋二の「JAMES BROWN IS DEAD」が秀逸だな。新日本とUインターの対抗戦の長州戦で、大ブーイングの中、この曲で入場してくる安生。あのブーイングは半端なかった。で、この耳に障る入場テーマ。10.9は今考えても凄いよ。その週は、東スポを毎日買ったもんな。世間的には知らないが、プロレスオタの盛り上がりは半端なかった。

ノソ*^ o゚)>俺さんは、背広姿で東京スポーツは止めようね。コンサート会場でも、開演前に東京スポーツ読んでるらしいジャン。

今、めちゃくちゃはまってるのが、木戸修の「ブラックライダー」。木戸も曲も渋すぎる。洋楽じゃないもんな。都倉俊一・・。必殺技は脇固めとかキドクラッチ、キド蹴り。ブレーンバスターやラリアット、パワーボムなんてやらない。サブミッションマスターだからな。ノートンとのコンビはおもしろかったな。まるっきりタイプが逆。何故か、札幌中島体育センターでは大人気。俺が両国にG1クライマックス見に行ったときも、めちゃくちゃ木戸人気やったけど。ちなみに名古屋地区では、この曲がレースガイドのBGMで使われてたらしいよ。確かに競艇場や地方競馬場には、木戸修のような本物の大人の男がいっぱいいそうだな。

ノソ*^ o゚)>この映像の蒲郡ってところには、バスツアーで行ったよ。俺さんがハロコンと並んで、かたくなに参加しようとしないバスツアー。値段的にも、俺の性格やオタ嫌いな点からも、一番敷居が高いイベントやんけ!って。うーん。

最後はもう1曲。渋すぎだろってレスラーの入場曲。「阿修羅」。阿修羅原のテーマ曲。「懐かしのワープロ」の藤波対原戦や、「プロレスクラッシク」の原の試合見てて、「あ、こんなテーマだったわ。でも、スーパースターではないな。」みたいな。「あーしゅらー♪」やからな。子供心に、阿修羅原のテーマなんかめったにかからないのに、そこは覚えてた。必殺技はヒットマンラリアット。ラクビーの選手だったから、ぶちかましの要領で、ラリアットするんだな。天龍との龍原砲は忘れられない。が、入場曲はいつも、天龍の「サンダーストーム」だったな。ハンセン・ブロディみたいにテーマ曲の合体はやってくれない。でも、「サンダーストーム」も名曲だわ。

ノソ*^ o゚)>今度はハロプロのモベキマスの名曲も紹介しよう。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://00004341.blog118.fc2.com/tb.php/215-8bce40cf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。