ネパールで大地震と知床の謎の隆起 

ネパールで阪神淡路大震災の何倍かの地震が起きたらしい。M7.9だから内陸の活断層だと最大級だな。明治時代に起きたM8.0の濃尾地震くらいが最大級だろう。あれは岐阜の根尾谷に断層跡が残ってるからね。チョモランマで雪崩が起きて、日本人登山客が巻き込まれたとか。そりゃ予想できないもんな。でも、あれだけのヒマラヤ山脈が出来たってことは、どんだけインド亜大陸がユーラシア大陸に入っていってる力が強いかってことだ。元々、アフリカの西側から移動してきたんだからな。四川なんか大地震がしょっちゅう起こるのも、今回のネパールと同じ原理です。

ノソ*^ o゚)>謎の北海道の知床、羅臼の隆起も気になるね。一日に10メートル隆起したんじゃって言われてるんだって?

千島~三陸にかけて連動地震が起きれば、M9.0クラスになるんだっけ?どこかの地震学者は江戸時代の慶長三陸津波は北海道のほうが遡上高凄いから、千島~三陸の連動地震で、その津波が仙台平野とかに来たんだろうって言ってたな。ま、それがあったから仙台は内陸部にできて、松島も今回の津波では全く被害なかったのだが。伊達政宗は慶長三陸津波で被害なかったところに街道通したから、今回の津波でも昔からの宿場町は被害少なかったという。

ノソ*^ o゚)>北海道だから火山も気になるよ。

阿寒湖、支笏湖、摩周湖、洞爺湖。全部カルデラ噴火の跡だもんな。南九州でカルデラ噴火するよりは日本全土への影響は少ないけど、周辺部に人が住めない。下手したら、周辺数十キロが瞬殺されちゃうことは間違いない。支笏湖、洞爺湖は札幌都市圏が近いだけに。カムチャッカ~北海道は火山の巣だから。道東の人はしばらく大地震と火山噴火に注意だ。カルデラ噴火の可能性は1万年に1回くらいで低いけど、山体崩壊含む大噴火に注意。大正の桜島大噴火クラスでも100年間、日本に起きてないから。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://00004341.blog118.fc2.com/tb.php/1019-dce67f3f