スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよBerryz工房が活動停止になります。その前に振り返り・・第5回 

img128_2015022800045958d.jpg

いよいよ明後日、明々後日東京でベリ三昧。せっかく東京行くのにベリ現場しか行けない。ハロショ行けるかな?くらい。でも、ベリ現場ラスト(武道館いけないけど)だからな。真野ちゃんラスト行かずに大後悔した。もうその経験はしたくない。

ノソ*^ o゚)>有明で号泣しないでよ。でも、何回も泣きそうだね。どれだけベリに思い出もらったか分からないもんね。

では、最後に今後のベリメンの活動内容とかざっくり(推測入ってます)。
清水佐紀:裏方→マネージャーか振付師、嗣永桃子:カンガル→2年程度で卒業。タレントへ。徳永千奈美:裏方→そのまま引退かな?、須藤茉麻:女優、夏焼雅:歌手。多分、バンドをUFAが作ると思う、熊井友理奈:JPルームに移籍してモデル、菅谷梨沙子:亀井、ゆうかりんパターンだろう。武道館でラスト。
この事務所は使えそうな人間を簡単に放流しちゃうかね。梨沙子なんか高給与えて、その代わり今まで通りの自由ではなく、ちゃんと売り出していくぞみたいなのなぜ出来ない?本当にもったいないわ。

ノソ*^ o゚)>明日からの有明、武道館に行く人は楽しんで、そしてベリのラストを焼き付けてほしいね。後、スカパー見れる人はBSスカパーで武道館の中継が火曜日にあるから是非。

では、最後に俺の選ぶベストツアー3とワーストツアー1。
ベスト1:2010初夏「海の家雄叫びハウス」:海の家で働くベリメンってお芝居から始まり、「マジグッドチャンスサマー」につながる斬新な構成。お芝居で「マジ夏すぎる」のアカペラ歌ったりするんだけど、本編のセトリもいい。ベリメンが海岸で「恋は引っ張りだこ」踊るコンサートのOP映像、市販DVDにも入ってる、最後「Bye Byeまたね」で声が出なくなる熊井ちゃん。それをカバーするベリヲタという至極の場面。この渋谷コンが自分が行ったベリの公演ではベストだった。
ベスト2:2013春「ベリーズマンション入居者募集中」:セトリはこのツアーが一番いいと個人的に。「アジアンセレブレーション」や「すっちゃかめっちゃか」が一番最初の方に来るので、会場のテンションが最初から高い。名古屋市公会堂の公演の盛り上がりがあの換気が悪い会場の温度に比例して半端なかった思い出。後列メンバーにも「なんだかんだでいい感じ」みたいな名曲が来るのがベリのいいところだね。娘。とか後列に回ったら、端っこの方やって終わりだもん。スピーカーに当たらないようダンスとか。そんなもん見たくないんだよね。
ベスト3:2010秋「ベリ高フェス」:ガチ抽選の「日直芸能人の会話」ソロとイブ様降臨が思い出深い。それまで、茉麻か千奈美だったのに、最後に参戦だった相模大野昼で雅のソロで高まったわ。女王様ムード満点で。今のももちに進路切ったのもこのツアーなんだよな。セトリもイナイレ期で名曲揃いなんだよ。
ワースト1:2012春「ベリーズステーション」:停滞期、、迷走期を象徴するツアー。「許してにゃん体操」やったのと、「Be元気」があんま好きじゃないからかもしれない。ただ、コンサートのOP映像は「ワールドビジネスサテライト」みたいでカッコ良かった。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://00004341.blog118.fc2.com/tb.php/1000-12656106

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。