スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよBerryz工房が活動停止になります。その前に振り返り・・第5回 

img128_2015022800045958d.jpg

いよいよ明後日、明々後日東京でベリ三昧。せっかく東京行くのにベリ現場しか行けない。ハロショ行けるかな?くらい。でも、ベリ現場ラスト(武道館いけないけど)だからな。真野ちゃんラスト行かずに大後悔した。もうその経験はしたくない。

ノソ*^ o゚)>有明で号泣しないでよ。でも、何回も泣きそうだね。どれだけベリに思い出もらったか分からないもんね。

では、最後に今後のベリメンの活動内容とかざっくり(推測入ってます)。
清水佐紀:裏方→マネージャーか振付師、嗣永桃子:カンガル→2年程度で卒業。タレントへ。徳永千奈美:裏方→そのまま引退かな?、須藤茉麻:女優、夏焼雅:歌手。多分、バンドをUFAが作ると思う、熊井友理奈:JPルームに移籍してモデル、菅谷梨沙子:亀井、ゆうかりんパターンだろう。武道館でラスト。
この事務所は使えそうな人間を簡単に放流しちゃうかね。梨沙子なんか高給与えて、その代わり今まで通りの自由ではなく、ちゃんと売り出していくぞみたいなのなぜ出来ない?本当にもったいないわ。

ノソ*^ o゚)>明日からの有明、武道館に行く人は楽しんで、そしてベリのラストを焼き付けてほしいね。後、スカパー見れる人はBSスカパーで武道館の中継が火曜日にあるから是非。

では、最後に俺の選ぶベストツアー3とワーストツアー1。
ベスト1:2010初夏「海の家雄叫びハウス」:海の家で働くベリメンってお芝居から始まり、「マジグッドチャンスサマー」につながる斬新な構成。お芝居で「マジ夏すぎる」のアカペラ歌ったりするんだけど、本編のセトリもいい。ベリメンが海岸で「恋は引っ張りだこ」踊るコンサートのOP映像、市販DVDにも入ってる、最後「Bye Byeまたね」で声が出なくなる熊井ちゃん。それをカバーするベリヲタという至極の場面。この渋谷コンが自分が行ったベリの公演ではベストだった。
ベスト2:2013春「ベリーズマンション入居者募集中」:セトリはこのツアーが一番いいと個人的に。「アジアンセレブレーション」や「すっちゃかめっちゃか」が一番最初の方に来るので、会場のテンションが最初から高い。名古屋市公会堂の公演の盛り上がりがあの換気が悪い会場の温度に比例して半端なかった思い出。後列メンバーにも「なんだかんだでいい感じ」みたいな名曲が来るのがベリのいいところだね。娘。とか後列に回ったら、端っこの方やって終わりだもん。スピーカーに当たらないようダンスとか。そんなもん見たくないんだよね。
ベスト3:2010秋「ベリ高フェス」:ガチ抽選の「日直芸能人の会話」ソロとイブ様降臨が思い出深い。それまで、茉麻か千奈美だったのに、最後に参戦だった相模大野昼で雅のソロで高まったわ。女王様ムード満点で。今のももちに進路切ったのもこのツアーなんだよな。セトリもイナイレ期で名曲揃いなんだよ。
ワースト1:2012春「ベリーズステーション」:停滞期、、迷走期を象徴するツアー。「許してにゃん体操」やったのと、「Be元気」があんま好きじゃないからかもしれない。ただ、コンサートのOP映像は「ワールドビジネスサテライト」みたいでカッコ良かった。

スポンサーサイト

いよいよBerryz工房が活動停止になります。その前に振り返り・・第4回 

第一回、第二回で、今回の解散(実質な)の原因を書いてきたが、自分が2011年のベリキュー合コン秋ツアー「ベリキューアイランド」行った時には6:4~7:3でベリヲタが多かったのに、そもそもはってなぜってこと。ベリは全盛期が2009年~2011年前半のプラチナ期(タカハシステム)、2009年:真野ちゃん、2010年:スマイレージの売り出しとかぶっちゃってリソースが割かれなかった。2011年後半はモベキマス、そして、ドリームモーニング娘。という今後に全くつながらないものにクソ事務所は力入れてたしな。後、忌々しい生キャラメルな。
で、暗黒期にリソース割かれないのは℃-uteも同じで、キュースマ合コンのスママネ℃-ute恫喝事件に代表されるんだけど、℃-uteには橋本(大器晩成のレコーディング動画に出てくる人)や宮地(今の動画部門携わってる人)がついていて、「舞ですが」「岡井ちゃん寝る」「踊ってみた」やってみたり、ハロではかなり初期にブログやらせてもらったり(2010年4月に開始。)、「君チャリ」動画や2011年のコンサートをYOUTUBE中継したり。それが、2012春以降の人気回復につながり、2015年、ついに2008年にベリキューで立った横アリへの単独での復帰ですよ。
逆にベリは暗黒期のマネはヲタザワだもんな。清水佐紀のブログは2011年2月、それ以外のメンバーのブログは2012年11月だもん。この時期にコンサートの中継するでもなくだもんな。やはり、キーは2012年で、℃-uteは舞美ちゃんの自転車旅→春ツアーYOUTUBE中継→全国でキャンペーン→冬ツアーを短期だが開催という流れだったのが、ベリは無策だったんだよな。地方に来るわけでもなく。ももちが教育実習期間だったとはいえ、残りのメンバーで何か出来たはず。それが、2013年以降の公演数の違い、夏休み期間にハロコン以外は「ジャンヌ」の練習のみということになっちゃった。

ノソ*^ o゚)>「ペンタグラム」を無理やりスケジュール入れてやったのは良かったかもね。あそこで、今まで見たことのないファンが急増したもんね。

結局、℃-uteやスマのように重大危機がなかったのが。黄金期デビューだからしょうがないにしても、ブログの更新数とか一部メンバーの髪型や握手な。いい意味でも、悪い意味でも、今のアイドル界ではガラパゴスだった。ベリヲタも新規獲得より自分たちのユートピアであればいいって感じだったのも・・・。「ベリらしい」とかメンバーも、「必死になるベリ見たくない」とかヲタも言いすぎたと思う。

ノアが第二新日本になってしまった問題と女子プロレスでセメントマッチ 

ノアが今シリーズ連日満員とか言ってるが、100%鈴木軍効果だろっていう。後楽園ホールの最終戦のカードがほとんど新日本勢やん。超危暴軍とやってるのは新日の本隊だし、鈴木軍と対決してるのが、超危暴軍除くノア+ケイオスなんだもんな。そりゃ、秋山派閥のレスラー(潮崎、金丸、青木・・・)抜け、KENTA抜けだから、正直メジャーと戦えるのが、丸藤、杉浦、森嶋、ヨネ、斉藤あたりしかいないからしょうがないんだろうけど。キャプテン・ニュージャパンの二番煎じでキャプテンノア(邪道)なんか出てくるし、メインはYTRの登場で盛り上がってるし。ノア大丈夫か?新日本の公式アカウントがノアの情報つぶやいてる時点で、ノアの公式アカウントももう同じ人なのかなと思ってしまう。ノアヲタでもツィッターで現状に怒ってる人いたけど、待ってても倒れるだけ、このまま行っても、いつぞやのUインターの二の舞いか。新日系、全日系、インディー系と大雑把に3つにわかれるとしたら、ノアは全日系の正当なんだよな。それがこの現状なんだから。

ノソ*^ o゚)>ハロコンにAKBじゃない、乃木坂やSKEが出てきて、ハロより盛り上がってる、超満員って現状って思っていいのかな?それ複雑だよね。

だから、仲田龍は亡くなり、白石はプロレス界去ったのだから、Wrestle-1、ノア、全日は大同団結するべきだと思ってる。みんなの党とか民主党とかの分裂騒動そっくりやん。Wrestle-1の興行数も悲惨なことになってるし。今のままじゃ共倒れ。DDT、ドラゲー、大日本のほうがはるかに盛況なんだもんな。
で、女子プロレス、スターダムでセメントマッチ。プロレスは結果は決まってる中で、どれだけ相手が出来るか見極め、ある程度の信頼関係の中で相手の良さ引き出すのが本道。が、昔からセメントマッチはたくさんあって、猪木対アリ、猪木対ペールワン、ジャッキー佐藤対神取、アンドレ対前田、力道山対木村、猪木対パクソンナム、猪木対グレート・アントニオ、前田対佐山、小川対橋本、今回の世Ⅳ虎対安川。猪木率高いな。今のプロレスブームの中で水差したのだから、1年位は試合禁止にすべきだろうが、プロレス村だからなぁなぁで済ましちゃうんだろうな。ツィッターでもスターダムファンほど甘いしな。写真見たら酷いレベル。数分間ひたすらマウント状態で顔面にグーパンチ、掌底でしょ。総合なら即KO負け。スターダム内ならともかく世Ⅳ虎は他の団体では使ってもらえないだろうな。

いよいよBerryz工房が活動停止になります。その前に振り返り・・第3回 

img122_201502230836423fe.jpg

ちょい暗い話しが続いたから、Berryzの個人的私見のベストシングル3曲とワーストシングル3曲、そして、非シングル曲(カップリング含む)からベスト3を。後追いになっちゃったのが悲しいけど、デビュー時~付き合ってるのに片思いまでの学生の甘酸っぱい日常を歌ってた時代がいいよな。あの頃は娘。のシングルにダメ曲多いので、一番いいのはBerryzに回ってたし、つんくも感情移入してたんだろう。で、ジンギスカンからのお祭りソング期へて、「青春バスガイド」~「シャイニングパワー」までのイナズマイレブン期がリアルタイムで見てた中では思い入れがありすぎる。その後の迷走期がな。「cha cha sing」、「アジアンセレブレーション」、「Rockエロティック」みたいな好きな曲も多いけど。2014年になっていい曲が増えてきたのが遅すぎる。

ベスト:1.「友達は友達なんだ」、2.「胸さわぎスカーレット」3.「普通アイドル10年やってられないでしょ」。
ワースト:1.「WANT」、2.「ああ夜が明ける」、3.「もっとずっと一緒にいたかった」。

「友友」は名曲過ぎて。MVもメンバーのルックスも最盛期でいうことがない。「胸さわぎスカーレット」はダンスが好き。「アイドル10年」は文句なしでいい。ベリへの思い入れが全部詰まってる。逆に「迷走期」で衣装や曲調で違うと思い始め、Berryzには行く機会減った印象。2011年秋はベリキュー合コンだったから、あの頃は劣勢だった℃-uteに思い入れ応援したこともあったけど。なんで、ハロプロは大人っぽい=こういう下品な格好に行くかね。一見さんや新規に引かれるでしょ?ワースト1,2は曲も良くないけどな。千奈美が言ってた「迷走期」でも「ヒロインになろうか!」「愛の弾丸」は衣装がアレなだけで、曲は好きなので。

後、非シングル曲でのベストは、1.「マジグッドチャンスサマー」、2.「ミソロジー愛のアルバム」、3.「君の友達」

「ミソロジー」のサビはマジでいいね。後、「マジグッドチャンスサマー」と「ミソロジー」の梨沙子のセリフな。それ込みだよ。有明でも見たい曲はこの3曲だけど難しいかな。カンガルやアンジュルムあたりに資産として引き継いで欲しいけど、実際はハロコンで披露するくらいになっちゃうかと思う。

現場が多いので・・。2015年の活動指針 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。